琉球大学工学部工学科 機械コース

トップ > 教員紹介 > 流体工学分野

流体工学分野

屋我実 教授

空気の流れが速くなり、音速に近づくと空気の弾力いわゆる空気の圧縮性が現れて様々な問題が起こる。例えば飛行機などはその最も影響を受ける場合であるが、その他に工業的な分野では高速で流れる空気を使った冷却や、高速フレーム溶射などにおいてもこの空気の圧縮性は無視できず、それによる熱伝達への影響も考えなければならない。

そこでこれらの問題を明らかにする事を目的として7気圧コンプレッサで高圧空気を発生させ、これを平板に衝突させながら流れ場可視化や衝突板の温度、圧力を測定する実験を行っている。またこのような流れ場を詳細に調べる方法として、3次元数値シミュレーションも行っており、この計算結果と実験結果を比較すると同時に計算による新たな装置の開発の可能性も検討している。


照屋功 准教授

流体機械、例えば航空機やポンプ等の真において、はく離が生ずると性能を著しく低下させるため、はく離の抑止が必要となる。

一方、はく離後の再付着流れは、はく離に伴う大きな渦による物質混合拡散、再付着領域での高伝熱特性等の利用が注目されている。

このような流れ場を工学的に十分利用するため、はく離・再付着流れの制御および機構解明を目的に研究を行っている。

はく離・再付置流れを制御するにあたっては、流れを積極的にかき乱す(かく乱を与える)方法を採用している。

かく乱が流れ場に及ぼす影響を、周期的かく乱(一定の時間周期で変化するかく乱)、三次元的かく乱(場所毎に異なるかく乱)から調べ、工学的利用を図っている。


石川正明 助教

PIV (Particle Imaging Velocimetry) を利用した流れの可視化画像解析の研究をしている.このPIVは粒子を流れ場に注入する流れの可視化技術とディジタル画像解析技術を併用した流速測定法である.

このPIVシステムの特徴は,計測システムによって流れ場を乱さないこと,多次元の瞬時流速分布が得られること,得られた速度データから他の情報(乱流統計量,渦度,圧力分布等)を抽出することなどが挙げられる.

対象として,自然エネルギーとして利用される風車周りの流動解析や,小気泡を含む流れ場の気泡挙動やその流動構造解析等にPIVを利用している.

ページのトップへ戻る