« Firefoxの右クリックメニュー Main VBA: コンボボックスでHTMLセレ... »

Vine Linuxと仮想環境(VM Player, VirtualBox)

2017.4に出たVine Linux 6.5Rを試してみようかと.isoファイルを入手:

で、動かそうとVMware Player (VMware Workstation Player)を久しぶりに入手:

VMware Playerは問題なく動作して、Vine Linuxのインストールも終了するようなのだが、インストール後のVine Linuxの仮想環境を立ち上げようとすると、起動インジケータが1/10くらいのところで止まってVMware Playerからの再起動コマンドにも反応しなくなってしまう。

6.3から6.5にバージョンアップしたら、起動画面で同様に止まるという人がいた。acpi=offにすると起動できるとある。VMwareとは関係なく止まるらしい。

上記、知恵袋からのリンクでさらに、pci=noacpiのほうが良好だとの記述も

ブートオプションのpci=noacpiだと少し起動画面が進んだが、やはり起動せず。acpi=offでは変化なかった…。

その後、シングルユーザを抜けて起動を進めても同様に停止してしまったので、今度は/etc/inittabで、ユーザモード5のXWindowでなく、3のマルチユーザを指定した。こちらなら、ログインプロンプトまで出てログインもできた。

VMware Toolsをインストールしてみると、X Window起動時にそのまま停止するのではなく、少しアイコンがくるくる回るようになった気がするが、それでもすぐに停止してしまって反応がなくなる。

また、X Windowのドライバ指定で、vmwlegacyをvmwareに書き換えるとよいとの話もあったが、効果なし。

いろいろやってもX Windowまでは起動できず、Vine-6.3Rに戻してみて動作させるのと並行して、VirtualBoxでVine-6.5Rを試してみることに。

で、VirtualBoxでVine-6.5Rを動かすと何の問題もなくX Windowまで起動した(かつ、動作も少しキビキビと速いような…?)。

改めて使っていたパソコンを見直すと、以前に作ったVirtualBoxでの前バージョンのVine Linuxの環境が残っていた。前にもVirtualBoxできちんと動作させられていたのかも。

#結局、Vine Linux 6.3Rでの試しはしていない。

Leave a comment

Your comment