top top ▲Homeにもどる
本学科昼間主コースのJABEEプログラムへの取組み
更新[2012/04/13]
※本学科の昼間主コースでは 2006年度のJABEE(日本技術者教育認定機構)教育プログラムの認定を受けています.
1.本学科は日本技術者教育認定校を目指します
日本技術者教育認定機構(JABEE)の発足に伴い,技術者教育の向上と国際的に通用する技術者を育成するため,本学科は下記の学習・教育目標を掲げる.

説明
関連リンク
2.JABEEプログラム修了生のメリット
JABEE教育プログラムを修了すると,就職に有利になるだけでなく,技術士一次試験が免除されます.また,このプログラムは,ワシントン協定(Washington Accord)に暫定加盟が認められているので,アメリカ,イギリス,カナダ,オーストラリア,南アフリカ,香港などの加盟国で仕事をする際にも,あなたの技術レベルが「国際基準で保証」されているので,任される仕事の内容や給与決定に際して有利になります.
3.技術士資格とJABEEとの関係
技術士(Professional Engineer)は,科学技術庁による国家試験に合格した者に与えられる国家資格です.
JABEE教育プログラム修了者は,その一次試験が免除され,技術士補として技術士の下で4年間の経験を積めば二次試験の受験資格が得られます.政府は,現在約3万8千人いる技術士を,早い時期に10万人に増やす計画です.これは,産業のグローバル化に備えてのことです.
4.外国の状況
欧米諸国は,早い時期から技術者認定制度を持っています.例えば
アメリカ PE (Professional Engineer) 40 万人
イギリス CE (Chartered Engineer) 20万人
など,多くの認定技術者がいます.そして,これらの諸国がワシントン協定(WA)を結び,相互に技術レベルを保証しています.これは,加盟国の認定技術者は対等の技術レベルにあるとして処遇されることを意味します.
5.JABEEプログラム教育
本学科昼間主コースの学生は,JABEE教育プログラム修了を目指します. それには,プログラムに指定された科目を習得し,かつ,基本科目群の成績の 平均が「良」以上である必要があります.(大学の評価は,A,B,C,D,Fの5ランクです.)
6.JABEE教育プログラムとこれまでの教育の違い
これまでの日本の工学部では,数学と応用力学を中心とした基礎科目に力点を置いて学生を教育し,社会に送り出していました.すなわち,専門基礎の学力を身につけた「技術者の卵」として卒業生を送り出し,本格的な技術者教育は企業に任せていたわけです.
しかし,JABEE教育プログラムでは,基礎学力をつけることはもちろんですが,学生自らが課題を発見し,解決する能力や継続的に学習ができる能力の育成を重視します.すなわち,自分でエサを見つけ,成長していける「技術者のひよこ」にまで育てて社会に送り出すというわけです.
7.最後に
JABEE教育プログラム修了生となるためには,学生はかなりの努力が必要になります.同時に,私たち教員も,一層学生の教育に力を注がなければならないと考えています.





Copyright (c) 2002-2016, Department of Mechanical Systems Engineering, University of the Ryukyus. All rights reserved.
http://mechsys.tec.u-ryukyu.ac.jp/